2600キロを旅したネコ

不明の三毛猫5年ぶり発見 NYで、2600キロ横断?
米西部コロラド州で約5年前、飼い主の家から姿を消した雌の三毛猫ウィローが14日、
約2600キロ東のニューヨーク市内で発見された。
体内に埋め込まれたマイクロチップが識別の決め手だった。

どのようにしてニューヨークに移動したのか、
どんな生活を送っていたのかなどは謎に包まれたままだ。


ejfideso.jpg

名前を聞いてもわからない
おうちを聞いてもわからない

そんな歌がありましたが、今回は無事に飼い主の下へ帰れそう。
今はマイクロチップなんて便利なものあるのね。


自宅を改装中に逃げ出したと書いてあるので、音にビックリしたのかな。
んで、テンパって道に迷った。
そして、誰かに拾われてニューヨークへ行ったと。

ありきたりの予想をしたら、普通の話に見えてきた。

せめてどんな状態で発見されたのか書いてほしかった。
飼い猫状態だったのか野良猫状態だったのか?
もし、ボロボロのガリガリだったのなら、映画化しても良いんじゃないw



ネコで思い出した。
アニメのポケモンですが、ニャースがサトシ達の仲間になったのを聞いて驚きました。
それはそれでちょっと寂しい。

dnoeaoo.jpg

久々にポケモンみたらニャースがサトシの仲間になってたんだが あるき亭
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/226102372
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック