ブルーマンの公演を見に行く

今日は、六本木までブルーマンの公演を見に行ってきました。
早速、感想を書きます。

ブルーマンって何ぞ?
burukamn.JPG
青い顔した3人組が、ドラムに塗料を乗せて叩く。
パイプを組み合わせたモノを叩く。

そんな音楽パフォーマンス集団という認識しかなかったので、
公演内容は新鮮で衝撃的でした。


ドラムの演奏の合間に、ショートコントを挟むのですが、
どれもシュールで爆笑しました。

ブルーマンは基本的にしゃべらないので、チャップリンの映画とか
ドリフのヒゲダンスに近いかな。


マシュマロ? を口で20個連続キャッチ

映像に合わせた無茶な動き

会場のブレーカーを落とす → 真っ暗に
→修復したと思ったら、カップラーメンを食べてる 

会場の人間をステージに乗せ、白い服を着させる
→スタッフ総出で前面に青いペンキを塗りたくられる
→クレーンで逆さ釣りにして人間魚拓を取る

遅れてきた観客には、ライブカメラで晒し首に
その他いろいろありましたが、あっという間の100分でした。

音楽と、ショートコントで半々くらい。
コンサート感覚で行ったのに、嬉しい誤算でした。


公演後はブルーマンとの撮影会があり、私も撮ってもらいました。
ついでに握手も。
相変わらずしゃべらなかったけど、たぶん良い人だ←


ブルーマンのアップ
kfhtdas.jpg








最後に、どーでも良さげなことを
会場に入るときにハチマキ状の細長い紙を渡され、
公演内は分かりやすい所に見に付けるよう指示されます。

何でこんなモノを!?
と、思ったのですが、公演を見て納得。

ステージに連れて行かれた人間は、3人とも身に付けていませんでした。
まあ、そういう事なんでしょう。

それを差し引いても、誰もが驚く意外性、観客を巻き込むタイミングなどなど。
よく出来ているなーと感心しました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/217658844
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック