豚、牛の口蹄疫問題

やる夫が宮崎県で牧場をしていたようです

口蹄疫処分6万頭に迫る、さらに8農家で感染疑い
宮崎県で発生している家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」を巡り、県は7日夜、新たに同県川南町の8農家の牛と豚計21頭に感染した疑いがあると発表した。
これで、発生したのは1市2町の43施設(疑い例も含む)となり、殺処分頭数は牛と豚計5万9104頭に達した。


何でテレビは報道しないの? 政府も全く動いていないし・・・・
普天間も大切だけど、ヤバさの規模が違いすぎるのに。


口蹄疫とは?
・牛、豚、めん羊、山羊などの偶蹄類に感染する
・空気感染する恐ろしい伝染病
・ウイルスが風に乗るなどして、100km以上移動することもある
・症状は、発熱・元気消失・食欲不振・泌乳量低下・足を引きずるなど
・ごく稀に人にも感染する。死亡例もあり

牛と豚の殺処分頭数
5月1日 約9000頭
5月3日 約27000頭
5月7日 約59000頭

政府が何も対策しないため、日に日に被害が増えています。
こんなのって悲しすぎます。


関連
kou0001te.JPG
東国原知事が口蹄疫で対策要望 農水省、専門家派遣へ




【宮崎】 豚でまた口蹄疫疑い 殺処分対象、3万頭に迫る
やる夫が宮崎県で牧場をしていたようです
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/149210443
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック